20代アイメイク日常編

アイメイクについて

私は奥二重なのでおでかけや特別な時はアイメイクにこだわらなきゃ変われません。

まず、1番大事と言っても過言ではない二重にする方法です。

私はアイテープを使用しています。

ピンクのプラスチックに160本ほど入っている1000円ほどで売られた物を使っています。

絆創膏やアイプチ、アイテープもいろんなものを試しましたが瞼によく食い込んで粘着性があり尚且つ細いものが私には合いました。

使用方法としてアイテープをした際に、つけまつげ用ののりで目頭と目尻の2点をポンポンと止めて完成です。

次にアイシャドーについてです。

こだわりはコスパの良さです。

アイシャドーに限らずアイメイクをする際に使うものは自分に合うかどうか、そして安いかで選んでいます。

その時々のトレンド色を買う訳ではなく定番色を選ぶようにしています。

そして単色ではなく4色入りや多色入りを選びます。

次にアイライナーについてです。

アイメイクの印象はアイライナー1つで結構変わります。

うす暗いところに飲み行くなら太めで長めにしますし、明るいところにいくならナチュラルのように見せる細めで長めにします。

その時々の気分や服装に合ったアイラインにしています。

例)歓送迎会 結婚式 お呼ばれ等
アイメイクの印象は明るめでケバくならない程度にしっかりとしていく。

アイシャドーは、ブラウン、ピンクの暖色系など。

アイライナーは濃すぎずナチュラルに。

例)アクティブデート
つけまつげは取れる可能性があるのでマスカラでしっかりと。

等です。

毎日アイメイクに力を入れすぎると目の周りが霞んでしまうので、偶には肌断食も大事です。

とりあえず目元はキラキラ

化粧品に関して私はこだわりがないのですが、タイトル通り目元をハッキリさせたいタイプなのでアイシャドウはいつもラメが結構入っているタイプを使っています!
まず初めにまぶたにクリームアイシャドウを塗ってすぐに崩れないように補強しておきます。

そしてその上から最初は1番薄い茶色のシャドウを瞼全体に塗ります。

二番目にちょっと濃い茶色を二重幅より気持ち上めに塗りますその時に最初に塗った薄い茶色のシャドウと馴染ませる為に何も付けていないブラシで境目をボカします!
そして3番目に締め色として濃い茶色を二重幅より下めに塗ります!さっきのシャドウを重ねた時と同様でボカします!
そして最後に瞼際際に黒のシャドウでアイラインの下書きをする様なイメージで入れていきますこの時も同様にボカします!
それが終われば全体的にバランスが良いか確認して良ければアイラインに入ります!
私は元々タレ目なので目尻側を少しはね上げにします。

この時に直角にはね上げをするのではなく目尻より少し内側から滑らかにはね上げをするとより綺麗なキャットラインが引けます!
そして最後の仕上げに私は目尻3分の1程に締め色で使ったシャドウを塗り、最初に瞼全体に塗ったシャドウを涙袋として目頭3分の2程入れます!


PAGE TOP