掘りを深く見せるアイメイク

掘りを深く見せるアイメイクについて私がやっていることです。

まず、アイライナーはリキッドアイライナーがおすすめです。

ペンシルアイライナーよりくっきりするので、はっきりとした目元になります。

色はブラックか濃い目のブラウンがおすすめです。

アイシャドーですが、その時の気分や季節によって色んな色でいいと思いますが、そんなに濃くない色にします。

あまり濃い色にすると、重くなりすぎますし、全体のバランスも悪くなりますので注意が必要です。

アイシャドーはマットなものよりも艶感のあるものか、ラメ入りがいいです。

その方がメイクが完成したときに全体的に華やかな印象になるし、抜け感も出ていいです。

そして掘り深く見せる最大のポイントですが、くっきり二重の方はご自身の二重のラインにそって、奥二重の方は二重のラインより少し上にずらして、一重の方はあまり無理のない自然な位置に、二重のラインを書きます。

ここはリキッドアイライナーではなく、ペンシルアイライナーかアイシャドーを細い筆にとって書くのがおすすめです。

なるべく自然に見えるように、色も濃すぎないものを選んでください。

そして最後に目頭の部分にほんの数ミリ、わかるかわからないか位の切れ込みの延長線を書きます。

こちらは細さが勝負なのでリキッドアイライナーがいいです。

このほんの数ミリでかなり印象が変わります。

つけまつげもあると尚いいと思います。

アイメイクの方法

まず、まぶた全体に白いアイシャドウを塗り、アイラインを引く代わりに、濃い茶色のアイシャドウもまぶたの淵と目尻の下側の3分の1くらいの部分に塗ります。

そのあと、薄い茶色のアイシャドウを二重幅の部分に塗ります。

元々二重なのでアイプチは使いません。

また、元から目が大きめなのでアイラインを引くと目の大きさが強調されすぎてしまうので、アイライナーを使ってアイラインは引きません。

涙袋の部分には、キラキラした薄いピンク色のアイシャドウを塗ることが多いです。

まつげは一般的なビューラーでまつげをカールさせた後、黒いマスカラを付けてまつ毛を伸ばします。

少しまぶたが重めなので、アイシャドウの色は茶色を使って目をスッキリ見せるようにしています。

アイシャドウはDiorのものを使っています。

マスカラはドラッグストアでも手に入るようなメイベリンのものを使っています。

アイラインを引く場合は、あまり太くならないように気をつけながら、まつ毛の隙間を埋めるようにしてアイラインを引きます。

たれ目なので少しだけ目尻の部分を強調してアイラインを引きます。

また、涙袋の下の部分に茶色のアイシャドウで少し影をいれると、より涙袋がぷっくりして見えるので良いと思います。


PAGE TOP